• taguma

取材の申し込みがあったとき守らなければならないこと(前編)イノベーションズアイ連載コラム6 

最初に確認しておきたいこと

ニュースリリースを発信した後に、メディアから「取材をさせてください」という連絡があると嬉しいですね!しかし、場当たり的に臨むと、「あのことも話したかったのに話せなかった」「ちゃんと伝わったか不安」「意外な質問をされてびっくりした」などと嘆く結果になります。

そうならないために、取材の申し込みがあったきに、確認しておくことを整理してみます。これは、広報担当者がいる場合はその方がやるべきことですし、広報担当者がいない場合は、取材を受ける方(たいてい経営者)が確認しましょう。


取材の申し込みは、新聞の場合、電話で受けることが多いです。もちろんメールでくることもあります。どの媒体(メディア)からの取材でも、確認することは次のようになります。


1)取材側の情報   (メディア名、会社名、氏名、電話、ファックス、メール) 2)取材概要   (取材のテーマ、取材希望日、掲載日、撮影の有無、準備しておく資料の有無) 3)質問内容   (できれば簡単な箇条書きの文章で、ファックスかメールでもらう)


失敗例の多くは、取材申込みの電話をもらったら、そのまま相手のお話しを承って電話を切ってしまうことです。取材申込みを受けたら、相手が情報や連絡をくれるのを待つのではなく、こちらから情報を確認しましょう。


でも、記者さんとのやりとりに不慣れな場合は、上記のようにしっかりと質問を切り出せるか心配ですよね。そんなときには、こんな切り出し方がおすすめです。

記者さんが一連の話しをされたら、まずお礼を述べます。

その後、なぜ当社に連絡をくださったかを確認します。一連の話しの中で出てきていることも多いですが、あえて、それをしてみます。そのあたりから2)が見え隠れしてきます。以下を参考にしてみてください。

「このたびは、取材のご依頼をいただきありがとうございます。ところで弊社の連絡先はどこでお知りになりましたか」


(記者さん回答)

「ありがとうございます。いくつか取材について確認させていただきたいのですがよろしいですか。(1)から3)を確認する)」


いかがでしょうか。 こんなに簡単と思われることでも取材の申し込みがきた!というだけで舞い上がってしまって忘れがちです。

ここで覚えておきたいことは、2)の取材のテーマが、適切でない場合に、取材を受けないという判断をすることです。取材はいつでも自社のイメージを良くしてくれるものばかりとはかぎりません。例えば、自社が関連する業界の大手企業が世間を騒がすような不祥事を起こしたときに、もし取材の依頼がきたら、それはその不祥事と関連しているかもしれません。それでも取材を受けますか?取材を受けるか否かは、自社で判断してもよいのです。できるだけ早めに判断するためにも正確な確認をしましょう。


また3)では、『「取材依頼書」のようなものがあればください』と頼めば、たいていは通じます。

Q&Aを作っておきましょう!


以降は後編へ続きます。



※このコラムは2012年に中小企業向けにイノベーションズアイで連載した内容を転載しています。当時と状況が変わり内容が古くなっている箇所はご了承ください。


​カテゴリ

 

【運営事務局】

 株式会社アルゴマーケティングソリューションズ 

広報コンサルティングチーム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-2郵船ビルディング1階 
E-Mail argo@argo-ms.com

TEL 03-5533-8808 

FAX 03-5533-8801 

© 2020  ARGO marketing solutions