• taguma

何はなくとも広報を(前編) イノベーションズアイ連載コラム1

広報と広告、3つの違い


広報は、企業にとって重要な情報発信のやり方のひとつです。広報(PR)のことを広告と一緒だと誤解していたり、セールスプロモーションのことだと勘違いしている経営者の方がまだまだ多いと感じます。広報はパブリックリレーションズの和訳で、PRと略されます。PRだから、プロモーションと同じと思われる場合もあり、それだけまだ広報=PRのことは世間では知られていないのでしょう。


日本語の広報という言葉は誤解しやすいのですが、パブリックリレーションズという言葉をひもとけばわかりやすくなります。パブリックリレーションズとはパブリックとの関係(リレーション)を築くということになります。実は企業経営者は、常にそのことを考えているといえないでしょうか。いかに自社の製品やサービスがお客様や株主、地域社会を喜ばせることができるかといつもお考えだと思います。広報部門は、この目的のために情報を発信していくことが業務のひとつになります。


もしかするとすでに、経営と広報の発想はイコールだとお気づきになった方もいらっしゃるかもしれません。特に中小企業においては広報を有効に実践するかどうかで、少なからず経営に影響することは間違いないと感じています。営業成果にももちろん影響します。


広告と広報は具体的にどのように違うでしょうか。次の3つのポイントで整理してみます。


1. 時間

2. 費用(コスト)

3. 信頼度


各ポイントを以下のとおり解説します。


(1)広告は時間がかかりません。情報を掲載したい場所(新聞、テレビ、雑誌等のメディアとインターネット)さえ確保できれば、すぐにでも広告を打つことができるからです。広報を通じての情報は、取材してもらい記事を書いてもらうことが前提になりますので、いつ出るかを決めることができません。取材されても記事にならない場合もあります。


(2)費用があればテレビCMでも、巨大な新聞広告でも、有名なビジネス誌の企画広告でもできます。しかし、広報はお金を払っても記事として書いていただくことはありません。記事になるには、その情報にニュース性や社会性、読者への有益性などが必要になります。


(3)広告では好きなことを語ることができますので、一人称で自分のことを相手にアピールすることができます。しかし広報では取材してくれた相手が理解した内容が記事になりますので、好きな内容を語っているのとは読み手の理解度や信頼度が違います。例えるなら、広報は信頼できる第三者(例:婚活コンサルタント)が自分の良さを相手にアピールして(結婚をすすめて)くれるということに似ています。また、「広報として情報発信している」という姿勢自体が社会からの信頼向上にもつながります。つまり無名企業が社会に覚えてもらうチャンスでもあるのです。


以下、後編へ続きます。



※このコラムはイノベーションズアイで2012年連載した内容を転載したものです。

​カテゴリ

 

【運営事務局】

 株式会社アルゴマーケティングソリューションズ 

広報コンサルティングチーム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-2郵船ビルディング1階 
E-Mail argo@argo-ms.com

TEL 03-5533-8808 

FAX 03-5533-8801 

© 2020  ARGO marketing solutions